MENU

ご存知ですか?磁気で時計が狂う理由

私達の周りには、携帯電話、オーディオスピーカー、冷蔵庫や家具のドアのマグネットなど、磁気の発生源がたくさんあります。これらの物から発生される磁気は、時計の機械部分やモーターの正常な回転を狂わす原因となります。突然の遅れが生じた時は磁気の影響を受けている可能性があります。今一度確認してください。また、磁気による影響の受け方は、時計の種類によって違います。

機械式時計

械式時計(手巻・自動巻)の場合は、磁気の影響はアナログクオーツほど顕著ではありませんが、強い磁気を受けると一時的な遅れ、進み、止まりが生じることがあります。
機械式時計は一度磁気の影響を受けると磁気から遠ざけても時計に磁気が残り、後々まで影響されます。この場合は脱磁を行う必要があります。

アナログ(針表示式)クオーツ時計

アナログクオーツ時計は針を動かすために磁石の性質を利用してローターを駆動させるステップモーター方式を採用しています。このステップモーターは極めて小さな部品で、外部から強い磁気を受けるとローターの正常な回転に影響を与え、一時的な止まりなどにより狂いが生じます。
磁気によって狂いの生じたアナログクオーツ時計は、故障している訳ではありません。磁気から遠ざければ時計はもとの精度に戻ります。あらためて正しい時刻にセットし直してご使用ください。ただし、時計に磁気が強く残っている場合は、脱磁をする必要があります。

デジタルクオーツ時計

デジタル(数字表示式)クオーツ時計には、モーターや歯車などの機構がないため、磁気の影響はありません。
但し、アラーム(磁気スピーカー)付きのものは、強い磁界の中では、アラーム音が小さくなる場合があります。

強い磁気に遭遇した時は脱磁が必要

強い磁界に遭遇した時は、時計の部品が磁化されていることもあります。この場合は脱磁(磁気を消す作業)を行うと元の状態に直すことが出来ます。脱磁が必要だと感じた場合は、北谷時計店までご相談ください。

身の回りにある電磁気製品の磁界の強さ

磁気を発する製品磁界の強さ
密着状態5cm離れた状態
携帯電話スピーカー部~22400A/m~1600A/m
携帯オーディオ機器~16000A/m~400A/m
ノートPCスピーカー部~8000A/m~0A/m
磁気健康敷布~40000A/m~0A/m
磁気健康枕~48000A/m~0A/m
磁気ネックレス~96000A/m~0A/m
磁気を発する製品磁界の強さ
密着状態5cm離れた状態
肩こり用磁気エレキバン~144000A/m~0A/m
家具のドア・マグネット部~64000A/m~1200A/m
バッグの止金のマグネット部~72000A/m~0A/m
テレビ本体~800A/m~0A/m
交流式電気かみそり~10400A/m~1200A/m

※各製品毎の磁界の強さには個体差があります。

脱磁のご依頼

時計の脱磁の修理のご依頼はまずお電話にてお問い合わせください。
遠方の方でも一度、ご来店いただければ作業もより正確にすすめることが出来ます。

©2019 時計修理工房 北谷時計店